広島市立大学 情報科学部 知能工学科

広島市立大学広島市立大学
公開情報
学科イベント情報
学内専用ページ

ヒトのような賢いコンピュータソフトウェア開発を目指して

知能工学科のホームページへようこそ! 知能工学科は,1994年の本学開学時に知能情報システム工学科として教育研究活動を開始し,その後2007年の改組で知能工学科と名称を新たにしました.この間,一貫してヒトのような賢いコンピュータシステムやソフトウェアの実現を目指して,その基礎理論や技術の開発を担える人材育成を行えるよう教育研究活動を展開しています.本年度は学科内に29名の専任教員(教授7名,准教授13名,講師4名,助教5名)を配置して,きめ細かい少人数教育を行っています.また本年2016年度からは,知能工学科内に3つのコース(知能ソフトウェアコース(学習工学研究室,データ工学研究室,機械学習研究室),知能メディアコース(画像メディア工学・CG研究室,言語音声メディア工学研究室,知的メディア工学研究室),知能サイエンスコース(計算知能研究室,パターン認識研究室,知能数理研究室))を設けて,皆さんの学びのニーズに合わせて適切に指導を行っています.各コースの詳細は「学科概要」のページ,各研究室の教育研究内容は「研究室一覧」のページをご覧ください.

新聞やニュース等でコンピュータ囲碁プログラムと人間のプロ囲碁棋士との対戦が話題になったり,人間の運転なしでも自動で走行できる自動運転車,ヒトの感情を認識して振る舞う感情認識パーソナルロボットなどなど,人工知能の話題が毎日のように取り上げられています.このような賢いコンピュータの研究や開発に興味のある方は,是非一緒に学びましょう.

2016年度 学科長 松原 行宏